自分の市場価値を高めるメディア

BizMeee.com

仕事

20代で年収1,000万円を目指す方法【7つのキャリアを解説】

更新日:

こんにちは、BizMeee.com(ビズミーコム)です。

20代で年収1,000万円以上を目指すためには、どんな方法があるのか知りたい。本当に20代で年収1,000万円以上を達成できるの?」と疑問に思っていませんか?

結論から言うと、20代で年収1,000万円以上を達成するためには7つの方法があります。

20代で年収1,000万円以上を稼ぐには並大抵の努力では難しいのですが、決して達成するのが不可能という額ではありません。

この記事では、20代で年収1,000万円を目指す方法を解説していきますので20代で高年収を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

20代で年収1,000万円を目指す方法【7つのキャリアを解説】

20代で年収1,000万円を目指す方法は以下7つになります。

  1. 起業する
  2. フリーランスになる
  3. 副業する
  4. 成果報酬型・歩合制の営業職になる
  5. 外資系金融・コンサル会社に転職する
  6. スポーツ選手になる
  7. 芸能人になる

「①起業する」「②フリーランスになる」「③副業する」「④成果報酬型の営業職になる」「⑤外資系金融・コンサル会社に転職する」は、実現性があるので詳しく解説していきます。

「⑥スポーツ選手になる」「⑦芸能人になる」は、20代で年収1,000万円を目指せるのですが、実現性が低いのでおすすめはしません。(情報が少ないため、本記事での解説は省きます。)

起業する

賛否両論はありますが、20代で人脈なし・経験なしの状態から「本気で年収1,000万円以上を目指したい方」は起業するのがおすすめです。

うまく成功すれば、売上・利益・年収全てにおいて上限がないですし、何よりも「起業」には夢があります。

もちろん失敗することの方が多い起業ではありますが、多額の借金を背負ったり、周りに迷惑をかけたりしなければ、失敗しても気にする必要はありません。

起業は、失敗して失うリスクよりも、成功して得られるリターン(お金・人脈・時間・生活の充実度)の方が圧倒的に多いので本気の覚悟がある方のみおすすめです。

フリーランスになる

起業するよりも手軽になれるのがフリーランスです。

特に「ITエンジニアの方」は、「レバテックフリーランス」「ギークスジョブ」といったフリーエンジニア向け求人案件情報のサービスが充実していて、案件単価も他の職種に比べて高いのでフリーエンジニアになって年収1,000万円以上を目指しやすいです。

ITエンジニア以外でフリーランスになりやすい職種としては、「Webマーケター」「Webライター」「営業代行」があります。

「Webマーケター」「Webライター」「営業代行」が案件を獲得するためには、クラウドソーシングの「クラウドワークス」「ランサーズ」などを使えば簡単ですが、案件単価が低いのでそれだけで年収1,000万円を目指すのは難しいです。

案件単価を高くするためには、自分自身で直接企業へ営業して案件を高単価で獲得する必要があります。そして高単価の案件を獲得できれば20代フリーランスで年収1,000万円を目指せます。

副業する

リスクが少なく、20代で年収1,000万円を目指す方法として副業があります。(企業によっては副業完全NGのところもありますので注意が必要です。)

例えば、20代で企業の年収が500万円だとしても副業で利益500万円を達成できれば、年収1,000万円に達成できます。

副業でクライアントワークをしてしまうと、勤務している企業の仕事に支障をきたしてしまう可能性があるので、自分のペースでできる仕事がおすすめです。

自分のペースでできる仕事とは、具体的には「ブログ」「アフィリエイト」「YouTube」がおすすめです。ただし「ブログ」「アフィリエイト」「YouTube」は誰にでも簡単に出来て、資金も必要ないので参入障壁が低いため競合が非常に多いです。

決して簡単ではありませんが、「ブログ」「アフィリエイト」「YouTube」でマネタイズができると、不労所得に近しい自分の資産を手に入れられます。

成果報酬型・歩合制の営業職になる

成果報酬型・歩合制の営業職を募集している企業はいくつかあります。特に不動産業界に多いです。

基本給は少ないですが、歩合の金額の幅が大きいので不動産業界であれば家をたくさん売ると年収1,000万円に到達できます。

営業力とメンタルの強さに自信のある方にはおすすめですが、「営業力がない」「メンタルが弱い」といった方は全然活躍できませんし、メンタルも壊してしまう可能性があるのでおすすめしません。

ブラック企業でも全然やっていけるメンタルの持ち主と、とにかく若いうちから稼ぎたい方におすすめです。

転職サイトに登録、もしくは転職エージェントに相談して、成果報酬型・歩合制の営業職を募集している企業を紹介してもらいましょう。

関連記事20代最強の転職攻略方法|おすすめの転職エージェント・転職サイト

外資系金融・コンサル会社に転職する

最後に20代で年収1,000万円を達成する方法として、外資系金融・コンサル会社に転職するがあります。

外資系金融・コンサル会社に転職するためには、学歴・経歴が必要となりますので、低学歴だと転職するのが難しいです。

外資系金融・コンサル会社は人気企業であるため倍率も非常に高いので狭き門ではあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

20代で年収1,000万円を目指す方法として、7つのキャリアを解説させていただきました。

  1. 起業する
  2. フリーランスになる
  3. 副業する
  4. 成果報酬型・歩合制の営業職になる
  5. 外資系金融・コンサル会社に転職する
  6. スポーツ選手になる
  7. 芸能人になる

20代で年収1,000万円を最短で達成させるためには、あなたに合ったキャリアを選択するのが重要です。

あなたに合わないキャリアを選択すると、仮に年収1,000万円を達成できたとしても、その翌年・翌々年と続けて年収1,000万円以上を維持することが困難になってしまうからです。

あなたの年収がアップして、仕事で活躍できるのを応援しています。

-仕事

Copyright© BizMeee.com , 2020 All Rights Reserved.