自分の市場価値を高めるメディア

BizMeee.com

仕事

会社を設立(起業)したら利用すべきWebサービス【ベンチャー・スタートアップ企業向け】

更新日:

会社を設立(起業)した後に、必ず利用したほうがWebサービスはあるの?」といったことで、これから経営者になるあなたは悩んでいませんか?

会社設立(起業)時に最高のスタートダッシュをきるためには、利用必須であるWebサービスへ事前に登録して利用にできるようにしておくことがコツです。

この記事では、経営者である私BizMeee.com(ビズミーコム)の経験を元に、会社を設立(起業)したら必ず利用すべきおすすめのWebサービスをご紹介していきます。

おすすめというよりも利用必須ですのでチェックしておきましょう。ベンチャー・スタートアップ企業向けのWebサービスとなります。

会社を設立(起業)したら利用すべきWebサービス【ベンチャー・スタートアップ企業向け】

会社設立 freee

  • 無料で利用できるWebサービス
  • 会社設立に必要な書類を必要事項を入力していくだけで誰でも簡単に会社設立可能
  • 電子定款、法人印発注、法人口座開設もできる

会社設立は『会社設立freee』を使ってサクッと会社設立しました。『会社設立freee』は、これから会社設立したい方におすすめのサービスですので、ぜひ利用してみてください。驚くほど簡単に会社設立できます。

会社設立freee公式サイト

Gmail

  • 月額680円~
  • Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダーが利用できる
  • 会社を設立(起業)したら利用必須のWebサービス

会社を設立(起業)したら必ずメールを利用できるようにしなければいけません。月額680円支払えば、Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダーが利用できるようになります。

Gmail公式サイト

Chatwork

  • 月額0円で利用可能
  • チャット、タスク管理、ファイル共有ができる
  • ベンチャー・スタートアップ企業の方は利用必須

今のベンチャー・スタートアップ企業はGmailではなく、Chatworkで仕事のやり取りをしている企業が多いです。無料でも十分な機能が使えますので登録しておきましょう。自分のメモやタスク管理もできるのでおすすめです。

Chatwork公式サイト

会計ソフトfreee

  • 月額2,380円~
  • 初めての決算書作成や確定申告も簡単にできる
  • 法人の事業形態や経理スタイルの合わせて複数のプランがある

会計業務において最も役に立っているWebサービスが会計ソフトfreeeです。誰でも簡単に会計処理ができますし、外部サービスのBizerと提携しているので決算書作成や確定申告も簡単にできます。事業に専念したい方は、会計ソフトfreeeを導入しておきましょう。

給料計算や労務管理に関しては、人事労務freeeがおすすめです。別途で月額1,980円かかりますが便利なので利用しておいて損はありません。

会計ソフトfreee公式サイト

Bizer

  • 月額2,980円~
  • いつでも専門家(税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士、弁理士)にオンラインで相談可能
  • 決算申請代行をすべて依頼できる

決算時のみに利用しているのがBizerです。低価格50,000円から決算申請代行を依頼できて、スムーズにやり取りをしてもらえるので本当に助かっています。

決算申告代行サービスだけではなく、商標登録代行、募集株式発行登記、本店移転登記 、役員変更登記、利用規約作成、契約書作成、定款の電子認証といったサポートも代行してくれます。

Bizer公式サイト

エックスサーバー

  • 月額900円~
  • 安定したサーバー環境で管理画面もシンプルで使いやすい
  • 会社のホームページ作成にはエックスサーバー一択

会社を設立したらホームページを作成しなければなりません。日本にはたくさんのサーバー会社がありますが、一番サーバーが安定していてかつ低コストで利用できるのがエックスサーバーです。「サーバーはどこにすればいいの?」と悩んでいる方は、エックスサーバーを選んでおけば間違いありません。

エックスサーバー公式サイト

その他のサービス

レンタルオフィス or バーチャルオフィス

会社を設立(起業)時のベンチャー・スタートアップ企業においては、レンタルオフィス or バーチャルオフィスをおすすめします。

会社の経営において一番固定費がかかってくるのが家賃と人件費となりますので、家賃はなるべく抑えた方が経営が安定します。スモールビジネスにおいてオフィスを構える必要はありません。

格安スマホ

大手キャリアは格安スマホと比べると高いので、節約するためには格安スマホを利用しましょう。私自身も格安スマホを利用しています。通信速度は若干遅いですがその他で不便を感じたことはありません。

また固定回線を会社設立時に契約する必要はありません。「050 plus」or「SMART talk」を会社用の番号にするのでOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

会社設立(起業)の三種の神器とも言えるくらい「Gmail」「Chatwork」「freee」は利用必須のWebサービスです。決算時においてはBizerを利用しておけば、ベンチャー・スタートアップ企業の方はまず問題ありません。

ベンチャー・スタートアップ企業の方は、会社を設立(起業)したら必ず利用しておきましょう。

-仕事

Copyright© BizMeee.com , 2020 All Rights Reserved.