自分の市場価値を高めるメディア

BizMeee.com

仕事

20代向け転職エージェントおすすめ5選|選び方・効率的な活用方法

更新日:

こんにちは、「最強のビジネススキルを習得して自分を変えよう。」をテーマに発信しているBizMeee.com(ビズミーコム)です。

最初に結論から言いますが、あなたが最高の転職を実現するためには転職を共に歩んでいくパートナー(転職エージェント)が必要です。

この記事では、20代におすすめの転職エージェントと20代の転職成功戦略を解説していきます。

20代こそ転職エージェントを使うべき理由

20代こそ転職エージェントを使うべき理由は、あなたが希望する求人を紹介してもらえて、内定を獲得できるように最大限転職をサポートしてくれるからです。

20代若手社会人から20代後半で転職を考えている方に多いのが以下の悩みで、「前向きな転職の悩み」や「後ろ向きな転職の悩み」まで本当にいろいろあります。

  • 年収アップ&キャリアアップしたい
  • スキル・専門性を身につけられる仕事に挑戦したい
  • 実力成果主義の会社で自分の能力を高めたい
  • 20代から役職(リーダー、課長、マネージャー)につきたい
  • 上司との人間関係がよくない...
  • 同世代と比べて年収が少ない...
  • 残業が多い...休みが少ない....勤務体系に不満がある...
  • そもそも今の仕事をしていても全然楽しくない...早く辞めたい...

「現在の仕事内容に満足しているけれども、20代でさらにスキルアップして年収アップ&キャリアアップしたいという前向きな転職を考えている方」や、「人間関係も良くないし、今の職場では給料アップする見込みがないので後ろ向きな転職を考えている方」までたくさんいます。

もちろん前向きな転職の悩みの方が良いに越したことはありませんが、後ろ向きな転職の悩みの方も、30代に向けて理想のキャリアを作っていくための転職というのは一つの選択肢です。

今の職場で自分が努力しても、「人間関係がよくならない」「給料アップが見込めない」「労働環境が悪い」「仕事が楽しくない」のであれば、転職すべきタイミングであると言えます。

20代の転職エージェントおすすめ5選

転職する時には、「転職エージェント」 or 「転職サイト」を利用して転職活動をしていくわけですが、転職のプロである転職エージェントと一緒に転職を効率的に進めていくのをおすすめします。転職サイトは情報収集程度に利用しましょう。

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、転職成功実績No.1の転職エージェントで、ほぼ全ての業界・職種の転職支援に対応しています。非公開求人数は10万件以上保有。日本全国の求人を網羅しているので、希望条件の求人をたくさん紹介してもらえます。

リクルートエージェントに登録すると独自転職支援ツールである「パーソナルデスクトップ」が利用できるようになり、企業の求人概要や面接で企業が重要視している点などを無料で閲覧できるようになります。

転職成功実績No.1の転職ノウハウがあるので、20代すべての方におすすめです。

リクルートエージェント公式サイト

パソナキャリア

「パソナキャリア」は、大手の中で最も親身で丁寧なサポートが受けられると評判の高い転職エージェントなので、「はじめて転職をする20代の方」と「2回目の転職をする20代の方」におすすめです。

全国求人に対応しており、あなたの希望と適性に合った安心の転職サポートが受けられます。

転職する・しないに関わらず、今後のキャリア相談をしたい方はパソナキャリアの無料転職サポートに登録をしましょう。

パソナキャリア公式サイト

type転職エージェント

「type転職エージェント」は、転職サイトの@typeや女性の転職@typeでお馴染みの転職エージェントです。

type転職エージェント経由で転職した方の約71%が年収アップに成功。キャリアアドバイザーによる企業との年収交渉力に定評があります。

ただし面談拠点は東京のみなので、首都圏で転職を考えている20代の方におすすめです。

type転職エージェント公式サイト

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、新卒時に利用したことのある方も多いであろう安心・信頼のマイナビグループが運営する転職エージェントです。

マイナビエージェントでは、20代・第二新卒の転職支援に力を入れているため、あなたが期待するような手厚いサポートが受けられるので、「経歴・キャリアが不安な20代の方」におすすめです。

企業の人事担当者や経営者とのネットワークも豊富なので希望の求人を紹介してもらえます。

マイナビエージェント公式サイト

ワークポート

「ワークポート」は、15年の運営実績と35万人の転職支援実績のある老舗転職エージェント。

未経験から異業種・異職種の転職支援を得意としているため、未経験から新しい仕事に挑戦したい20代の方におすすめです。

以前、ワークポートはIT業界特化型の転職エージェントだったので、「IT業界でキャリアアップしたい方」や「未経験からIT業界に挑戦したい方」は登録必須です。

ワークポート公式サイト

20代が転職エージェントを200%活用する方法

転職エージェントは客観的にあなたを分析できて、あなたに合った理想の求人を紹介してくれますし、書類対策・面接対策・面接日程調整・年収交渉といった転職活動の全面的なサポートをしてくれます。

20代のあなたは、「20代での転職活動はどう進めていけばいいのかわからない...。」「20代の今、転職すべきかどうかわからない...。」「20代で転職して、スキルを身につけて、さらに年収アップしたい...。」といったことで悩んでいるのではないでしょうか?

今の日本は終身雇用がすでに崩壊しており、2人に1人が転職する時代です。20代の転職は人生における大きなイベントですので絶対に失敗したくありませんよね。

20代は、30代以降の年代と比べると転職しやすい年代です。ただし、転職ができても会社選びに失敗してしまうと、また転職することになり20代のうちから転職回数が無駄に多くなってしまいます。

20代のうちから転職回数が4回を超えてくると「この人は採用してもまた転職するのでは?」と採用担当者に思われてしまい、転職回数が増えてくるごとに転職の難易度が上がるので注意が必要です。

間違った転職をして今後のキャリアを無駄にしないためにも、20代における最強の転職攻略方法7つを解説していきますので参考にしてみてください。

  1. 転職活動の全体スケジュールを決める
  2. 自己分析をして転職したい理由を明確にする
  3. 自分自身の転職市場価値を理解する
  4. 転職する業界・職種を決める
  5. ミスマッチがないように企業の口コミ情報を確認する
  6. 転職エージェントに複数登録する
  7. 優秀な転職エージェントを見極めて利用する

活用方法1|転職活動の全体スケジュールを決める

20代で初めて転職する方は、転職活動の全体スケジュールをあまり把握していないという方が多いのではないでしょうか。転職を考え始めたら、まず最初に転職活動の全体スケジュールを決めておくのがおすすめです。

  1. 自己分析(転職する・しないに関わらず日頃から自己分析はしておきましょう)
  2. 求人応募(転職活動に、転職サイト or 転職エージェントのどちらを使うのかを決めておきましょう)
  3. 選考(企業との面接アポイントをとります)
  4. 内定(転職先の入社日を決めます)
  5. 退職(現在働いている会社の退職日を決めます)

転職活動の全体スケジュールを決めないまま転職活動をはじめてしまうと、「とりあえず内定が出た会社に転職したけど、入社前に想像していた職場と全然違う...。」「せっかく転職が決まったけれども、現在ビッグプロジェクトを担当していて退職届を出しづらい...。」「退職日・入社日をいつにすべきかわからない...。」といった問題が起こってしまうことがあります。

希望のタイミングで転職を成功させて、新しい職場へ入社するためにも、まず最初に転職活動の全体スケジュールを決めておきましょう。

転職活動を始めてから、大体1~3ヶ月で転職を決めている方が多いので転職活動は短期決戦です。ダラダラと集中せずにやってしまうと、転職するタイミングを逃してしまいます。

活用方法2|自己分析をして転職したい理由を明確にする

転職する・しないに関わらずに日頃から自己分析をしておくと、転職したい理由が明確なので、いざ転職活動開始となった時にスムーズに進められます。

ぼんやり「転職したい...」と思っているだけで、これからどう働きたいかとか、どうなりたいかのビジョンがないと、転職先でも同じ問題を抱えてしまうことになってしまいます。そうならないためにも、日頃から自己分析をして転職したい理由を明確にしておくことが大切です。

自己分析を行うツールとして、リクナビNEXTの『グッドポイント診断』というのがあります。グッドポイント診断とは、リクナビNEXTが提供している自己分析ツールで、簡単に自己分析ができてあなたの強みを5つ診断してくれます。

私も実際に『グッドポイント診断』で自己分析してみましたが、自己分析の精度がとても高く、自分では気がつかなかった強みにも気づけて新しい発見がいくつかありました。無料で使えておすすめですので、ぜひ試してみてください。

活用方法3|自分自身の転職市場価値を理解する

自己分析ができてあなたの転職目的が明確になりましたら、自分自身の転職市場価値を理解しておきましょう。

自分の転職市場価値を理解しないまま転職活動をしてしまうと、「思ったよりもオファーされる年収が低い...」「行きたい企業からなかなか内定をもらえない...」といった問題が発生してしまいます。

これらの原因は自分の転職市場価値を理解していないことによる、あなたと企業側でのミスマッチにあります。

ただし、自分自身の転職市場価値を分析するのは非常に難しく、知り合いなどから客観的に分析してもらうのもハードルが高いですよね。

おすすめの方法としては、自己分析の時と同じように転職市場価値を判断してくれるツールを利用することです。転職市場価値を理解するのにおすすめのツールは『MIIDAS』です。

『MIIDAS』は、職務経歴や経験・スキル情報からあなたの転職市場価値を診断してくれて、想定年収も算出してくれます。

想定年収がわかると、客観的な転職市場価値も把握できるので、企業とのミスマッチを減らせます。「転職できるならどこでもいい。」といった考えではなく、「今の会社より良い条件で転職したい。」といったように少し背伸びをして年収アップの転職を目指しましょう。

活用方法4|転職する業界・職種を決める

あなたの転職理由が明確になり、客観的に転職市場価値が理解できた後は、実際に転職をする「業界 × 職種」を決めましょう。

すでに転職をしたい「業界 × 職種」が決まっているのであれば問題ありませんが、まだ決まっていない方は自己分析と転職市場価値の結果を元にどうすべきか判断してみてください。

「業界 × 職種」によっては、今後の年収が大きく変わってくるので業界選びと職種選びは慎重に。

活用方法5|ミスマッチがないように企業の口コミ情報を確認する

求人探しについてですが、20代ほとんどの方が求人概要の「仕事内容」「給料・待遇」「福利厚生」のみに目が行きがちで、企業の口コミ情報を確認している方が少ない印象です。

その結果、転職できたけれども「入社前に想像していた会社とイメージが全然違う...」となってしまい転職に失敗してしまいます。

入社前と入社後のミスマッチをしないためにも、求人概要だけではなく企業の口コミ情報をチェックすることは必須です。転職を成功させるためにも、応募する企業が決まったらその企業の情報・業績・職場環境・年収/給料制度・評判・口コミを自分でも調べるクセを付けておくことをおすすめします。

転職口コミサイトの「Vorkers」では、社員・元社員から集められた信憑性の高い企業の「年収・待遇」「職場環境」「組織体制」「給与制度」「退社理由」といった評価・口コミ・レビューが掲載されているので、応募する企業の情報収集には最適です。

活用方法6|転職エージェントに複数登録する

「転職活動の全体スケジュールを決める」「自己分析をして転職したい理由を明確にする」「転職市場価値を理解する」「転職する業界・職種を決める」「ミスマッチがないように企業の口コミ情報を確認する」この5つを全て効率的に支援してくれて、あなたの転職を成功に導いてくれるのが転職エージェントの存在です。

20代の転職方法として、転職サイトを利用しながら一人で転職活動をしていく方法もありますが、「選考に通りやすい書類の書き方」や「受かる面接の仕方」などの転職ノウハウを一から自分で仕入れないといけないので企業から内定をもらうまでに時間がかかってしまいます。

転職のプロである転職エージェントを利用すれば、「キャリアカウンセリング・求人紹介・履歴書/職務経歴書の添削・面接対策・企業面接日の調整・給料交渉代行」を全てサポートしてくれるのでラクに短期間で転職が可能です。

さらに、これらの転職エージェントのサポートは完全無料ですので使わない手はありません。

転職エージェントによっては紹介してくれる求人と、担当者との合う・合わないの相性もありますので複数登録しておくことをおすすめします。

活用方法7|優秀な転職エージェントを見極めて利用する

転職エージェント登録後は、担当のキャリアアドバイザーとの面談になります。面談形式は、「直接お会いして面談」もしくは「電話面談」のどちらかを選択することが可能です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーによっては、キャリアカウンセリング力・提案力・サポート力といった面で能力差があるのも事実ですので、あなたの転職を成功させるためにもここはシビアな目で今後担当してもらうキャリアアドバイザーを判断してください。

以下が優秀なキャリアアドバイザーの特徴です。

  • 優秀なキャリアアドバイザーの特徴どこがよかったか、入社する上での懸念点をフィードバックしてくれる
  • 案件ベースで、自分のキャリアにとってどういう価値があるかという視点でアドバイスをしてくれる
  • 企業に回答期限の延長や年収交渉をしてくれる
  • 他にいい求人はないですか?という質問に粘り強く付き合ってくれる
  • 社長や役員、人事責任者などとの強いパイプがあり彼らとの面接を自由にセッティングできる

優秀なキャリアアドバイザーの特徴として、あなたが希望するキャリアを実現できるように親身になって最大限転職をサポートしてくれます。

最悪なキャリアアドバイザーは、決まりやすい求人をゴリ押ししてきたり、回答期限を仕切ったりしてきます。万が一、こういったキャリアアドバイザーに当たってしまった時は利用をやめるべきです。

20代の転職エージェント成功体験談・評判・口コミ

実際に転職エージェントを利用して、転職に成功した方の体験談を男性・女性別にご紹介しています。

製造業の営業からIT企業の営業へ転職成功

・転職をしようと思ったきっかけは何ですか?

転職を決意した理由は2つあります。

1つ目は、前職では役職がついても給料があまりアップしなかったからです。2つ目は、業界の成長性が低いと感じたからです。

前職の会社では年収アップもできないし、業績も伸び悩んでおり、このままここにいてはキャリアアップできないと思い転職を決意しました。

・転職して年収は上がりましたか?

年収300万円から年収450万円にアップしました。

・転職エージェントのサポートはどうでしたか?

初めての転職でしたが親身になってサポートしてくれたので本当に助かりました。

キャリアアドバイスをしてくれるだけではなく、履歴書・職務経歴書の添削もしてくださいました。

また企業との面接前には、想定される質問を教えていただいたのは有り難かったです。おかげで安心して面接に臨めて内定を獲得できました。

・これから転職をしようと考えている20代の方に一言お願いします。

転職は人生の一大イベントですので、不安になるのは当然だと思います。

転職サイトを利用して一人で転職活動を行うのもありですが、転職エージェントを利用すれば強力な味方になってくれて、あなたの転職を徹底的にサポートしてくれますので個人的には利用すべきだと思います。

アパレルの販売員から不動産の事務へ転職成功

・転職をしようと思ったきっかけは何ですか?

アパレルの販売員として店頭に立って仕事をしていましたが、結婚と出産を考えたときに、今の立ち仕事のままでは今後やっていけないと思い転職することにしました。

産休・育休が取りやすく、育休後の復職ができる職場を条件として選びました。

・転職して年収は上がりましたか?

年収300万円から年収300万円とほとんど変わりはありませんでしたが、転職した会社は前職と比べるとママ社員が多数活躍していて、環境も良く福利厚生が充実しています。

・転職エージェントのサポートはどうでしたか?

「産休・育休が取りやすく、育休後の復職ができる職場」を条件として転職エージェントの方にお伝えし、希望通りの求人を5社程度紹介してもらえました。手際のいい方でレスポンスも早く、エージェントに相談してから1ヶ月も経たないうちにスピード転職することができました。

・これから転職をしようと考えている20代の方に一言お願いします。

20代女性はこれから結婚・出産が待ち構えているので、企業探しは本当に大変だと私自身も感じています。

数は多くありませんが、中には女性らしく働ける環境を整えてくれている企業もありますので、エージェントの方に相談して紹介してもらってはいかがでしょうか。

転職エージェントを使っても上手くいかない人の特徴

20代で転職するとして、「転職するからには絶対に失敗したくない!」という思いはみんな同じですよね。

私は、20代の転職に成功する人と失敗する人をたくさんみてきましたが、転職に失敗する方には似たような共通点があります。

  • ×転職理由を他人の責任にしている
  • ×やりたいことが分からない
  • ×入社前・入社後でのミスマッチがある

転職に成功する人は、

  • 自分の意思で転職を決断している
  • 転職目的が明確である
  • 企業を徹底的に調べている

まず20代の転職に失敗する人の特徴として挙げられるのが、「転職理由を他人の責任にしている」ということです。

会社を辞めて転職する理由は人それぞれありますが、辞める理由を上司や周りの責任にしているばかりだとあなたは何も変わりません。

運が良く新しい会社に転職できたとしても、また同じ理由で転職することになり、結果として20代の転職に失敗してしまいます。

上司や周りと上手くいかないで転職を決意するという気持ちは痛いほどわかりますが、結局は自分で選んだ会社になりますので、他人の責任にするのではなく、自分の判断にもきちんと責任を持ちましょう。

例えば、企業との面接時に転職理由を聞かれて「上司とうまくいかなかった...。」「職場環境が自分に合わなかった...。」といったことを言ってしまうと、「この人はうちの会社でも同じ問題を起こしてしまうのでは!?」と思われてしまい、企業から内定をもらえる確率は非常に低いです。

面接時には伝え方が重要なので、転職理由をバカ正直にマイナスの理由を伝える必要はありません。

次に20代の転職に失敗する人の特徴として挙げられるのが、「どこでも良いから、とりあえず転職したい。」など、転職目的が曖昧で中途半端な気持ちで転職してしまう方です。

「これがやりたいので転職したい」「スキルを身に付けたいので転職したい」「年収アップしたいので転職したい」「新しいことに挑戦したいので転職したい」「休みがちゃんとほしいので転職したい」など自分自身の転職目的の軸を決めておくと、納得のいく転職ができて理想キャリアに近づけます。

転職を少しでも考えはじめた段階で、自己分析をしてみて、自分の強み・弱みを分析しながら興味があってやりたいことを明確にしていきましょう。

最後に、20代の転職に失敗する人の特徴として、「入社前・入社後でのミスマッチがある方」です。

入社前・入社後でのミスマッチというのは、例えばですが、第一希望の企業から内定をもらう事ができて入社前はとても喜んでいましたが、実際に企業に入社してみると、「思ったより年収が低い...」「残業が多い...」「有給休暇が消化しにくい...」「職場の人間関係があまり良くない...」「想像していたよりも業績がよくなくて今後不安...」など、入社前・入社後でのミスマッチがあって転職に失敗してしまうケースです。

原因としては、入社前の企業の情報収集不足にあります。

転職エージェントを利用して、企業情報・実際の雰囲気・職場環境を徹底的にリサーチしておけば、企業とのミスマッチは高い確率で防げます。

まとめ

20代の場合であれば、20代前半だから転職に有利、20代後半だから転職に不利というのは特にありません。

「20代の若手を採用したい。」「未経験でも今後のポテンシャルが高ければ採用したい。」「20代の若手を社内で育てて、将来は幹部のポジションになってもらいたい。」という企業が多く、20代であれば他の世代に比べて転職市場価値が高いので転職に有利に働きます。

しかし30代に突入してしまうと、未経験採用枠やポテンシャル採用枠が極端に少なくなってしまうので、20代である今が転職のチャンスでもあるのです。

20代前半・20代後半の転職で、採用時に重要視されるポイントは以下2点です。

  • 今後のポテンシャル(これから会社に貢献してくれそうかどうか。利益を上げてくれるかどうか。)
  • スキル・経験(現時点で仕事に活かせるスキル・経験はあるかどうか。)

20代前半の場合、企業によっては学歴もみられます。社会人経験が少ないため、参考程度として学歴で基礎スキルをみているからです。

20代後半になってくると、社会人3年目以降となり、ある程度のスキル・経験が付いてくるので「今後のポテンシャル」と「スキル・経験」を重要視されます。会社の即戦力になってくれそうかどうかがポイントです。

転職の職務経歴書には、「業務内容・組織と役職・実績・保有スキル・ノウハウ」を記載していくわけですが以下のように一目見て理解できるように今のうちから努力しておくと転職を効率的に進められます。

【業務内容】(営業職の例)

自社Web広告サービスの新規開拓営業。新規開拓したクライアントの継続発注をもらうためのフォロー営業。

【組織と役職】

新規営業メンバー5人。3年目からリーダー職。

【実績】

20〇〇年度:売上〇〇円
20〇〇年度:売上〇〇円

【保有スキル・ノウハウ】

部下のマネジメント経験。新規開拓営業の戦略。

20代前半・後半に関わらず女性の場合は、今後の人生の大きなライフイベントとして「結婚」→「妊娠」→「産休」→「出産」→「育休」→「職場復帰」があります。

女性が働く環境のサポートが充実している企業であれば問題ありませんが、サポートが充実していない企業もありますので、20代女性が失敗しない転職をするためには以下の項目を入社前に必ずチェックしておくべきです。

  • ママ社員が活躍していますか?
  • 産休・育休取得実績ありますか?
  • 育休後の復職支援はありますか?
  • 急な在宅勤務はできますか?
  • フレックス勤務はできますか?
  • 週3・4勤務はできますか?

上記すべての質問において「いいえ」の場合、残念ながら女性が働く環境のサポートが整っていない企業ですので転職はおすすめできません。

企業との面接時に、出産・育休・福利厚生に関する質問は言いにくいという方が大半ではないでしょうか?そういった時には、あなたの転職をサポートしてくれる転職エージェントを利用するのをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば「あなた ⇆ 転職エージェント⇆ 企業」といった流れで、あなたが気になっている悩み・疑問を全て代行して企業に確認してくれますのでとてもラクです。

20代未経験の場合でも、求人募集をしている企業が他の年代に比べてたくさんあるので転職するチャンスはたくさんあります。

しかし業界・職種によっては、新卒時の入社を逃してしまうと20代未経験からの転職が難しかったりするのは事実です。

例えば、新卒時の入社を逃してしまうと20代未経験から転職するのが難しい業種として「大手銀行」「大手商社」「大手テレビ業界」などが挙げられます。人気もあり倍率が非常に高いです。

では未経験でも挑戦することができて、狙い目な業界・職種というのは具体的にどこでしょうか?

それはズバリ、今成長しているIT・Web業界です。

今成長している業界の特徴として、多くのベンチャー企業が新規参入をしています。勢いのあるベンチャー企業は常に人手不足ですので、20代未経験でも転職できるのです。

IT業界は、未経験からでもITエンジニア・営業/企画・マーケティング等への職種にキャリアチェンジもできるので挑戦する価値はあります。

ちなみに私も20代未経験の時に、IT業界への転職を成功させた経験があります。

20代最強の転職攻略方法の結論として、あなたが最高の転職を実現するためには転職を共に歩んでいくパートナー(転職エージェント)が必要です。

転職エージェントは客観的にあなたを分析できて、あなたに合った理想の求人を紹介してくれますし、書類対策・面接対策・面接日程調整・年収交渉といった転職活動の全面的なサポートをしてくれるからです。

最高の転職エージェントを見つけて、理想の転職を実現できるのを応援しています。

この記事でご紹介している転職エージェントは実績もあって評判がいいので、少しでも気になるエージェントがあれば無料ですのでぜひ利用してみてください。

-仕事

Copyright© BizMeee.com , 2020 All Rights Reserved.